目覚めの口臭予防ラボは、自分磨きで忘れがちな口臭ケアに関する正確な情報を配信するWEBサイトです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結ばれなかったのは口臭のせい!?記念日に女子度を上げるために注意すべき4つのポイント

キスするときに気になること第1位 「口臭」

whiteday1

(見えにくい場合は画像をタップし、拡大して御覧ください。)

whiteday1

目覚めの口臭予防ラボでは、全国の20~50代の男女600名を対象に「ホワイトデーと口臭に関する意識調査」を行いました。本命、義理、日頃の感謝…様々な思いが交差するクリスマスやバレンタインデーに次ぐ、恋人同士の一大イベント。女性にとっても男性にとっても、気になる相手やパートナーとの距離が近づく特別な1日と言えるでしょう。

今回の調査データをもとにホワイトデーのデートで気をつけるべきポイントを紹介します。

ホワイトデーのデートは“接近戦” を求められる傾向に

調査によれば、「ホワイトデーのデートをする際、パートナーや好きな人ともっとも行ってみたいと思う場所はどこですか?」という質問に対して、「個室レストラン」(25%)、「ドライブ」(18%)が上位を占める結果となりました。    
実に半数以上の男女が、至近距離になりやすいデートを熱望している実態が明らかになりました。

whiteday2

(見えにくい場合は画像をタップし、拡大して御覧ください。)

whiteday2

やはり恋人同士は近づきたいもの、自然と距離の縮まるデートを望んでしまいます。そして、調査ではさらに恋人と近づいてしまう、あれについても。

ホワイトデーのデート、クライマックスはキスやお泊りの可能性大

調査によれば、「ホワイトデーにパートナーや好きな人とキスをしたいですか?」という質問に対して、約半数(48.2%)が「はい」と回答、「ホワイトデーにパートナーや好きな人と一緒に眠りたいですか?」という質問に対しては、半数以上(52.5%)の男女が「はい」と回答しました。デートの最後といえば、キスやお泊りを考えている人も少なくないことがうかがえます。

whiteday3

(見えにくい場合は画像をタップし、拡大して御覧ください。)

whiteday3

至近距離デートやキスをする時、もっとも気になるのは「口臭」

調査によれば、「至近距離のデートで、もっとも気になることは何ですか?」という質問に対して、半数以上(52%)が「口臭」と回答しました。続く「毛穴・肌荒れ」(17%)はメイクや照明でごまかせても、「口臭」はごまかせないことを物語っているようです。また、「顔を近づけて話したり、キスをしたりする際、もっとも気になることは何ですか?」という質問に対しては、約8割が「口臭」と回答しました。「キスの表情」や「顔のうぶ毛・鼻毛」をなどを大きく引き離し圧倒的1位となりました。

whiteday4

(見えにくい場合は画像をタップし、拡大して御覧ください。)

whiteday4

お泊りした翌朝も油断は禁物!およそ2人に1人が「目覚めの口臭」が気になると回答

調査によれば、「パートナーと一緒に眠った翌朝、もっとも気になることは何ですか?」という質問に対して、「目覚めの顔(スッピン)」や「寝相」、「寝ぐせ」や「下着」をおさえ、約43%の人が「目覚めの口臭」と回答しました。

目覚めとともに恋まで覚めないよう、目覚めの口臭予防対策を万全にしておく必要があるようです。

whiteday5

(見えにくい場合は画像をタップし、拡大して御覧ください。)

whiteday5

ポイント1:恋人やパートナーとの特別なデートの日は、近づけるデートがしたい

ポイント2:キスや一緒に眠ることなど、特別な日は恋人と一日中一緒にいたい

ポイント3:近づいたときに最も気になるのは口臭である

ポイント4:口臭が最も臭くなるのは、眠って翌朝起きたとき

口臭があるからと言って、恋人と一緒に眠らないのは嫌です。だからと言って嫌われるのはもっと嫌。デートの前、そしてデート中のケアを正しい方法で行う事が大切なことです。目覚めの口臭は寝ている間に口内の菌が繁殖して匂いを出していることが原因で、寝る前のケアをどのように行うかで、翌朝のにおいのレベルも抑えることができます。

  1. デート中は口の中が乾かないように、定期的に水分を取るなどのケアをする
  2. 寝る前は口臭専用(においの原因に吸着してくれるもの)の歯磨き粉を使う、持参しておく
  3. ガムなど唾液がよく出るものを口に含むなどの対策も高い効果が

口臭は気にするけど、ついつい気軽なミントなどのケアに頼りがちですが、それではごまかしたにすぎません。歯磨きを始め、オーラルケアはエチケットです。正しい知識を持って正しいケアを心がけることで、口臭をなくし、パートナーシップを素晴らしいものにしましょう。

調査リリースはこちら