目覚めの口臭予防ラボは、自分磨きで忘れがちな口臭ケアに関する正確な情報を配信するWEBサイトです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスで口臭が!?ストレスと口臭の関係性(福田先生へのインタビュー)

ここ1〜2年、TVのCMやドラッグストアなどで、口臭ケア商品を大変多く見かけるようになりました。口臭に対する意識の高まりを感じます。

正しい知識で口臭ケアを

fukuda1

口臭予防の基本は、もちろん、適切なオーラルケアです。

ご本人はきちんとケアをしているつもりでも、多くの磨き残しがあったり、歯ぐきから出血している方もいらっしゃいます。そういった方達には、まず 歯ブラシやフロスを使って、効果的なケアの方法を指導します。

では、正しいケアができれば、それで口臭予防は完璧なのでしょうか。

私のサロンに治療にいらっしゃる方達の中には、きちんとオーラルケアができていて、歯も口もピカピカの方がいます。なのに、口臭があるのです。どうしてなのでしょう。

これは口臭を気にするあまり、度を越した歯磨きや洗口で唾液が失われてしまい、逆に口臭を招いているのです。

唾液には、抗菌作用があります。

水分の補給や、舌を動かす(よく噛む・しゃべる)ことを意識し、唾液の分泌量を増やすだけで、口臭を起こすバクテリアの繁殖を抑え、口臭の発生を予防することができます。

皆さんもよくご存知の起床時口臭は、睡眠中に唾液の分泌が抑えられ、バクテリアが繁殖した結果です。就寝前と起床時の歯磨きがとても大切になります。正しい情報を知り、唾液を失わない、適切なケアをしましょう。

ストレスをためないことが口臭ケアに

fukuda2

口臭予防に重要な唾液の分泌は、自律神経がコントロールしています。そのため、自律神経失調症の方はもちろんですが、ストレスがたまっている方、長時間緊張が続く方、生活が不規則な方達は、口臭が発生しやすくなります。

その他、コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインも、自律神経に働きかけ、唾液の分泌を抑制します。口臭の原因になりますので飲み過ぎには注意して下さい。

口臭ケアには、規則正しい生活とリラックスした気持ちが必要です。

患者さんの悩みを解決する「K-メソッド」

口臭の悩みは長期化すると、『息が臭う』『口が臭い』という症状に対する悩みだけでなく、人と話すことができない、人に近づけない、といった人間関係に対する悩みになり、更にはメンタルな問題まで進むこともあります。そうなると、口臭を治療しても、悩みの完全な解決には至りません。

そういった患者さんに対応するために、私のサロンでは、『ほんだ式口臭治療』に、コーチングや心理セラピーを取り入れた口臭治療「K-メソッド(Kumiko’s Method)」を行っています。

『息や口の臭い』を取る治療だけでなく、その方のQOL(生活の質)を高めることを目指し、患者さん、お一人お一人にとっての、ベストな治療に取り組んでいます。

専門家情報

福田久美子
医学博士

日本で唯一の口臭治療専門「プライベートデンタルサロン Fukuda MKM」院長。口臭治療の権威、本田俊一先生と心理セラピスト、棚田克彦先生に師事し、生理的口臭の原因にも深くかかわる、メンタル面や生活改善もふまえた治療を行っている。口臭とメンタルケアを行える日本でも数少ない専門医。
http://fukudamkm.com/